タイの行儀

タイのトレンド情報

タイの行儀

タイの行儀

行儀
たとえそれが観光客(外国人)であるとしても許されないので、大部分の行儀は連邦法で定められて
注意を義務づけます。

挨拶するとき、きれいにタイ(タイのランクに言及します)に分けられて、RankがあるY.と呼ばれている手に
加わることをします、そして、異なる種類のYの行儀はパートナーとの関係によってランクするだけでなく
要求されます。そのうえ、ヒンドゥー色の強い、いろいろな行儀と習慣と行儀が、存在します。
そのうえ、それは語のことばの終了にとって望ましいです。「カップ」(たわごと)、女性は「母」を
男(自分で)に付けます。

パートナーに連絡する方法が変わるので、服と出演によって、タイ人は注意を必要とします。
そのうえ、タイは熱帯地域に属しています。しかし、それが拒否された訪問であるので寺院に入るとき
皮膚の露顕が高い服は注意を必要とします。 タイの聖職者のための尊崇の感覚は、非常に高いです。
そのうえ、女性が聖職者の身体にさわることがタブーであるので、女性は聖職者の身体に決してさわっては
いけません。

そのうえ、それはpublic.Particularlyの前で喧嘩より好ましくありません。
それが国によって尊重されるので警官が警官と喧嘩するとき、近隣の人々から悪い印象があるかもしれません。
公共機関(例えば午前8時00分と午後6時00分の二度)、フワランポーンステーションまたは
バンコクの中心地のBTSに、国歌は国旗飼育(降納)で、毎日、話者から失せます。
国歌がかかる間、場所で帽子を脱いで、厳正な注意のところに立っている姿勢を利用しなければなりません。
それをしないとき、不敬罪の嫌疑をうけます。そして、警官(タイの国歌(タイの王室の歌)に言及します)に
よって、逮捕されるかもしれません。

タイのグルメタイの観光の一般的な見方

タイの'今'を知る

新着情報

カテゴリー

関連サイト

copyright(C)タイのトレンド情報